a0006_002491

足のにおいの原因は汗なの?

皆さんは、汗をよくかく場所と言えば、どこを思い浮かべるでしょうか?
多くの人は、ワキの下や顔をなどを思い浮かべるのではないかと思います。

確かに、ワキの下や顔は汗をよくかく場所です。
しかし、他にも汗をかきやすい場所があります。それは、「足」です。

足の裏は汗腺が密集している場所のため、想像以上に汗をかきます。
なんと、1日にかく汗の量は、約コップ1杯分にもなります。

実は、この大量にかく汗が、足のにおいに関係しているのです。
ですから、汗をよくかくような暑い季節になると、足の臭いが気になるという人も増えます。

では、足のにおいは、汗が犯人なのでしょうか?
汗と足のにおいは関係の深いものですが、臭いの直接の原因になっているものは汗ではありません。
足が臭ってしまう原因になっているのは、「雑菌」です。

雑菌が足を臭わせる

汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺があります。
アポクリン腺から分泌される汗は、たんぱく質や脂肪を含んだ汗のため、臭いを発しやすい汗です。

一方、エクリン腺から分泌される汗は、成分のほとんどが水分の臭いの少ない汗です。
足の裏にある汗腺は、臭いの少ない汗を分泌する汗腺であるエクリン腺になります。

ここで気になるのは、どうして、臭いの少ない汗を分泌するはずのエクリン腺から分泌した汗が臭ってしまうかでしょう。
足の裏にあるエクリン腺から分泌された汗は、分泌されたときには臭いの少ない汗です。

しかし、そこに雑菌が繁殖してしまうと、独特の強い臭いがするのです。

足は靴下や靴によって、雑菌が好む高温多湿状態になっています。
さらに、皮脂や角質など、雑菌の餌になるものもあります。

このような条件によって、汗に雑菌が繁殖してしまうことがあると、足が臭ってしまいます。

足のにおい解消術

足のにおいを解消するには、汗と雑菌に注意することが大切です。
汗は、ストレスによってかくことがあります。

緊張や不安などのストレスがかかる状態が続くと、汗をかきやすくなるのです。
ですから、ストレスの少ない生活を送ることを心がけてください。

汗をかいた後は、足を洗ったり、拭いたりすることが望ましいですが、足は簡単に洗ったり、拭いたりできない場所です。
そのため、汗をたくさんかいた際には、靴下を履き替えるなどの対処をしましょう。

新しい靴下にかえることは、雑菌対策にもなります。
家に帰ったら、お風呂に入って足を綺麗に洗うことも、雑菌の繁殖を抑えるために役立ちます。