a0027_001647

足のにおいが気になりますか?

普段、靴を履いているため、他人の足のにおいには気がつきにくいものです。
しかし、外出先で靴を脱ぐこともあります。

そんなとき、あなたは自信を持って靴を脱ぐことが出来るでしょうか?
中には、足のにおいが気になって、靴が脱げないという人もいるはずです。

臭いというのは、誰でも気になるものです。
そして、他人から臭いと思われたくないと考えているものです。

もし、足のにおいが気になっているなら、足のにおいの原因を知って、臭いを解消しましょう。
臭いの原因がわかれば対処が出来ますから、これから足がどうして臭うのかについてお話したいと思います。

雑菌が足を臭わせる

足のにおいの原因は、ズバリ「雑菌」です。
と言っても、雑菌だけが臭いの原因ではありません。

雑菌以外にも、足を臭わせているものがあります。

大きく分けると、足のにおいの原因は「雑菌」と「汗」です。
足の裏は、汗を大量にかく場所です。

量にして、1日コップ1杯分程度の汗をかくと言われています。
しかし、この汗は、エクリン腺と呼ばれている汗腺から分泌される臭いの少ない汗です。

では、どうして、臭いの少ないはずの汗が、臭いの原因になってしまうのでしょうか?
ここに関係してくるものが「雑菌」です。

汗だけなら臭いの原因にはならないのですが、汗に雑菌が混じると臭うようになるのです。
雑菌は足の角質や皮脂などを餌にして増え、汗と混じり合い、独特の臭いを出すため、足が臭ってしまうというわけです。

また、足は蒸れやすく、汗をかきやすい場所です。
蒸れて汗をかくということは、足は高温多湿になりやすい場所ということです。
高温多湿になりやすい場所は、雑菌の繁殖に適した場所になるため、臭いの原因となる雑菌が増えやすいのです。

雑菌を退治して足のにおいを解消する

足のにおいの原因が雑菌と言うことは、雑菌退治が足のにおい解消の鍵になるということです。
雑菌退治に効果的なものは、入浴です。
お風呂に入って、足を清潔にすることで、足のにおいを抑えましょう。

足を清潔にするということは、基本的なことです。
この基本的なことを忘れずに、しっかり清潔にすることが大切です。

お風呂に入ったら、雑菌の餌になる角質のケアと、足を綺麗に洗うことを心がけてください。
入浴は、雑菌の繁殖を抑えるだけではなく、リラックスできるものです。
ストレスも臭いの原因になることがありますから、お風呂に入ってリラックスすることも足のにおい対策になります。