a0002_011567

足が臭う理由は?

皆さんは、足が臭う原因を考えたことがあるでしょうか?
足のにおいを予防するには、足が臭う原因を知らなければいけません。

ですから、もし、足が臭う原因を考えたことがないという人は、
これから一緒に足のにおいについて考えて欲しいと思います。

足は、原因もなく臭うものではありません。では、どうして足は臭うのでしょうか?
これは、汗に雑菌が混じることで、汗が臭うようになってしまうからです。

足の裏は、大量に汗をかく場所です。その量は、1日コップ1杯分とも言われています。
しかし、汗自体は、臭いのあるものではありません。
足の裏にある汗腺は、エクリン腺という臭いのほとんどない汗を分泌する汗腺だからです。

そのため、分泌された汗はほとんど臭いません。
ところが、不潔にしていたり、足が蒸れたりすることで雑菌が繁殖して、汗に混じると、汗は臭いのする汗になります。

さらに、雑菌は角質を餌にしますから、角質を餌にして雑菌が繁殖することで、
汗に雑菌が混じって足が臭うことがあります。

入浴で雑菌の繁殖を抑える

汗に雑菌が混じることで、汗が臭って足が臭くなりますから、雑菌の繁殖を抑えることが、
足のにおいを予防する上で重要なことだと言えるでしょう。

では、どうしたら雑菌の繁殖を抑えることができるのでしょうか?
簡単に雑菌の繁殖を抑える方法は、足を清潔にすることです。

そこで実践してほしいことが「入浴」です。

と言っても、お風呂に入るということは、誰でも毎日のようにしていることでしょう。
しかし、足を清潔にしようと思って、お風呂に入っているでしょうか?
もし、入浴の際に、足を清潔にすることを心がけていない場合には、足を清潔にすることを考えてお風呂に入って欲しいのです。。

お風呂に入ったら、足の指の間や爪の間まで洗うようにしてください。
これは、指の間や爪の間は、汚れがたまりやすい場所だからです。

汚れがたまりやすい場所は、雑菌が繁殖しやすい場所です。
しっかりと汚れを落として、清潔にしましょう。

角質を落とす

角質は、雑菌の餌になるものです。
雑菌が角質を餌にして繁殖することがないように、角質を落とすことも足のにおい予防になります。
お風呂に入って足を綺麗に洗い、清潔にすることも大切ですが、同時に雑菌の餌になる角質を落とすことも考えて欲しいのです。

角質を落とす際には、軽石でゴシゴシ擦るのではなく、フットブラシを使いましょう。
ポイントは、角質をふやかし、柔らかくしてからフットブラシを使用することです。

角質を落とした後は、石けんで綺麗に洗うことも大切です。