蒸れが原因の臭い

足のにおいに関係のあるものは、いくつもあります。
そのいくつもある足のにおいの原因になっているものの一つが「蒸れ」です。

靴下や靴を履くことなく生活をしているという人は、ほとんどいないでしょう。
多くの人は、一日数時間程度、靴下や靴を履いているはずです。
足は、この靴下や靴によって蒸れてしまいます。

では、「蒸れる」とどうして、足が臭ってしまうのでしょうか?
これは、蒸れると高温多湿になるからです。

高温多湿になると、足は雑菌が繁殖しやすい状態になります。
この繁殖した雑菌が汗と混じり合うと、足が臭ってしまうのです。
何故、雑菌が汗と混じり合うと足が臭うのかと言うと、汗と雑菌が混じり合うと汗が嫌な臭いを発するようになるからです。

タバコが原因の臭い

蒸れ以外に、足を臭わすものには「タバコ」があります。
タバコを吸っていると、足が臭くなってしまうことがあるのです。
これは、タバコの成分「ニコチン」が足の臭いに影響を与えるものだからです。

では、なぜ「ニコチン」によって足が臭ってしまうことがあるのでしょうか?
脳には、体温調節の中枢がある視床下部という部分があります。

ニコチンは、この視床下部を刺激してしまうのです。
ニコチンによって視床下部が刺激されると、エクリン腺の発汗が促進され、汗の量が増えます。

さきほどもお話したように、汗は雑菌が混じると嫌な臭いを発します。
汗の量がニコチンによって増えたところに雑菌が繁殖すれば、嫌な臭いのする汗になってしまいますから、足が臭ってしまうというわけです。
こうしたことから、タバコを控えることは足のにおいを予防することになります。

お酒が原因の臭い

「お酒を飲んだら息が臭くなった」という経験は、多くの人がしているでしょう。
しかし、お酒は息を臭くするだけではありません。
足を臭くしてしまうことも、あるものです。

お酒を飲むと足が臭くなってしまう理由は、アルコールに体臭を強くする作用があるからです。
体内で代謝されたアルコールは、酢酸やアセトアルデヒドという臭い物質になります。
酢酸やアセトアルデヒドは、主に尿として排出されます。

しかし、すべて尿として排出されるわけではありません。
中には、呼気や汗として排出されるものもあります。

足の裏というのは、よく汗をかく部分です。
この足の裏から、臭い物質を含んだ汗が分泌されれば、やはり足は臭ってしまうことなります。

また、アルコールは発汗を促進します。
発汗が促進されるということは、臭い物質を含んだ汗が分泌されやすくなるということですから、足のにおいが気になりやすくなると言えます。