a0027_002833子供の足のにおいが気になりませんか?

子供と一緒にいるときに、「子供の足が臭い!」と思うことはありませんか?

そして、「もしかして、自分の子供だけ足が臭いのだろうか」と悩んでいないでしょうか?

子供は自分の足のにおいについて悩んでいなくても、親は悩んでいる、気にしているということは少なくありません。
子供の足は、大人の足と同じように臭うことのあるものです。
ですから、子供の足のにおいについて悩んでいる人や、気にしている人は意外にたくさんいます。

子供の足が臭う原因

子供の足が臭う原因は、大人と同じで「汗」と「雑菌」です。
しかし、子供の場合は、大人よりも「汗」と「雑菌」が臭いの原因になりやすいのです。
これは、子供の「新陳代謝」が関係しています。

子供時代は、新陳代謝が活発なものです。
ですから、1日約コップ1杯分の汗をかくと言われている足の裏が、大人以上に汗をかきやすいのです。

しかし、汗だけでは足は臭いません。
汗が嫌な臭いを発するのは、雑菌と混じり合うからです。

さらに、新陳代謝が活発な子供は、汗だけで無く、皮脂の分泌も多くなります。
皮脂というのは雑菌の餌になるものですから、大人よりも汗に雑菌がまじりやすくなるのです。

こうしたことからわかることは、子供の足は、大人以上に汗をかいて、雑菌が繁殖しやすいということです。
たくさん汗をかいたところに、雑菌が繁殖して混じり合えば、汗は嫌な臭いを発することになり、足が臭くなってしまうのです。

重曹で子供の足のにおいを予防する

大人以上に臭いやすい子供の足のにおい予防に効果的なものは、重曹です。
水コップ1杯に対し、小さじ1杯の重曹を溶かして、重曹水を作ってください。
この重曹水には消臭効果がありますから、スプレー容器に入れて、足にスプレーすれば臭いを予防出来ます。
足以外に、靴下にスプレーしても良いでしょう。

靴に重曹を使用する場合は、古くなった靴下やストッキングに重曹を入れて、靴の中に入れてください。
重曹には消臭効果の他に、吸湿効果もありますから、靴の湿気解消に役立ちます。

ミョウバンで子供の足のにおいを予防する

重曹の他には、ミョウバンが足のにおいを予防してくれます。
ミョウバンを水に溶かして、ミョウバン水を作ってください。

分量は、水1.5リットルに対し、ミョウバン50グラムです。
ミョウバンをしっかり溶かしたら、ミョウバン水をスプレー容器に入れて足にスプレーしましょう。

レモン汁をミョウバン水に入れれば、レモンの香りがするミョウバン水を作ることができます。