a1180_003481

足だけが原因だと考えていませんか?

足が臭くなるのは、一体なにが原因なのでしょうか?
一般的な足のにおいの原因は、汗と雑菌です。

足の裏には、エクリン腺という汗を分泌する汗腺があります。
しかし、この汗だけでは足は臭いません。

これは、エクリン腺から分泌される汗はほとんど臭わないからです。
ところが、エクリン腺から分泌された汗に雑菌が繁殖すると、汗は強い臭いのする汗にかわってしまうのです。

では、足のにおいは、汗と雑菌だけが問題なのでしょうか?
足が臭くなるのは、この2つだけが原因ではありません。
靴や靴下も足のにおいの原因になるものです。

靴が臭いの原因になるのはなぜ?

靴が臭いの原因になるのは、足を蒸らしてしまうからです。
足のにおいの主な原因になる雑菌は、高温多湿の場所を好みます。

靴によって蒸れた足は、雑菌が好む高温多湿の場所になってしまうため、
汗に雑菌が繁殖して足が臭くなってしまうというわけです。

靴によって蒸れてしまうことが原因で足が臭くなっている場合は、
蒸れにくくして、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐ必要があるでしょう。

蒸れにくい靴には、革靴があります。
革靴は通気性が良く、湿気を逃がしてくれるので、足が蒸れにくくなるのです。

しかし、靴を革靴にしても、手入れをしなければ、革靴が足の臭いの原因になってしまいます。
一日履いた靴は、汗をたっぷり吸っている状態です。

ですから、履き替え用の靴を用意して、一日履いた靴は2~3日休ませるようにしてください。

もし、靴が雨で濡れてしまったら、濡れた靴をしっかりと乾かしましょう。
水分は革靴の天敵です。

しっかりと汚れを拭き取って、風通しの良い日陰で乾かします。
このとき、靴の中に新聞紙を入れておくと、新聞紙が水分を吸い取ってくれます。

靴下が足のにおいの原因になるのはなぜ?

汗を吸い取ってくれない吸湿性の悪い靴下を履いていると、
足が蒸れて、高温多湿になってしまいます。

高温多湿になれば雑菌が繁殖しやすくなり、足が臭いやすくなりますから、
汗を吸い取ってくれない吸湿性の悪い靴下は臭いの原因になります。

女性の場合は、ストッキングが足の臭いの原因になることがあります。
ストッキングは吸湿性が悪いため、蒸れる原因になりやすいのです。

こうしたことから、靴下は吸湿性が良いものを選ぶ必要があります。
吸湿性の良い素材は、麻や絹、ウールなどです。

この他にも、汗を吸い取りやすい5本指タイプの靴下が蒸れを防ぐには効果的です。